注目

新生児がミルクを吐く原因と対処法とは?

結婚して子供が生まれるととても幸せな生活がまっていることでしょう。

初めての子育てで、バタバタとあわただしい日々の中、夫婦で協力しあってわが子を育てるのも楽しいものです。

ですが、生まれたばかりの新生児の場合には、ミルクを飲ました時に吐いてしまうことがあります。

 

この原因としては、まだ新生児のころだと、体が未成熟な状態のため、胃などに関してもまだしっかりと機能が安定していません。そのためちょっと動いただけでもミルクが逆流してしまい、吐いてしまうこともあります。

状況によっては、少しミルクが口から垂れる程度だったり、勢いよくミルクを吐き出してしまうこともあるでしょう。

 

よく吐き出してしまう場合には、母乳として飲ましている量などが多すぎることも原因になることがあります。

仮に大人が食事で食べ過ぎてしまうとちょっと、お腹がはってしまい、気持ち悪くなってしまうこともあります。

 

これと似たようなことで、赤ちゃんの時でも、自分でどのぐらい母乳を飲んでいいのかわからず、摂取量が適量ではなく、それよりもオーバーしてしまうことも多く、そのため逆流してしまうこともあります。

 

新生児が摂取する量を調整できないならば、母親がうまく調整してあげる必要があります。逆流してこない程度の量を見極め、最初は様子見として、少なめの量から始めて、赤ちゃんの様子をみながら、少しずつ量を増やしていくことで対策をしましょう。

 

また、新生児がげっぷをうまく出せていないことでも逆流することがあります。

ミルクを飲ませたら、げっぷを出しやすいように、新生児の背中を軽くトントンと叩いてあげるとげっぷをうまくだせます。念のため、吐き出したりした場合を考えて、タオルなどをあらかじめ準備しておくといいでしょう。

 

また、吐き出した時に、勢いが強い場合や、はいた色が白色でない場合などは、病気などの可能性もありますので、念のため病院に連れていき、診察を受けるようにしましょう。

子育てのちょっとした心配事も相談できるドクターコール24

三井住友VISAカードのドクターコール24は、プラチナカード、ゴールドカード、プライムゴールドカード、エグゼクティブカード、法人ゴールドカードのそれぞれの会員を対象にしたサービスです。

 

日本国内の急病や怪我、病院に行くほどではないが、ちょっと心配なことなど、医療、ストレス、健康の不安について、医師、看護師、保健師などの専門スタッフが、24時間年中無休の電話で無料相談に応じてくれます。

 

「胃炎で加療中ですが、どんなことに注意したらいいでしょうか」と言った、ちょっとした健康への不安から、「赤ちゃんがミルクを飲んだ後、よく吐くので心配」など子育ての不安まで、相談に乗ってもらえます。

申し込みの際は、三井住友VISAカードの会員番号の最初の8桁と、苗字、年齢の申し出が必要です。

 

また、直接診断ではないため、健康相談としてのアドバイスに留まるという事を踏まえなければなりません。

 

三井住友VISAカードのドクターコール24は、T-PEC株式会社の提供するサービスです。
同社は、セカンドオピニオン、メンタルヘルス、組織・人事労務へのサポートなど、電話健康相談事業を展開しています。

 

先日改正された労働安全衛生法で義務付けられた企業向けのストレスチェックの開発に携わるなど、心と体の健康サポートに実績のある会社です。

 

今は心身ともに健康だったとしても、三井住友VISAカードに、そのような付帯サービスが付いていることを、万が一の時のために覚えておきたいものです。

赤ちゃんが急な体調不良、救急車は読んでも大丈夫?

子育てママが一番慌ててしまうのが、あかちゃんの急な高熱や嘔吐、発作、ひきつけなどを起こした時ではないでしょうか。

 

勿論、赤ちゃんは言葉も話せないので、ママもどうして良いか分からない事も多いですよね。

しかも何故か、赤ちゃんの急変は夜、夜中に起こることが多いので、近くの病院は閉まっている時間です。

 

その時でも、一番大切なのは、まず冷静さを保つことです。
難しいかもしれませんが、赤ちゃんにとっては、ママが一番の頼りなのです。

そして、赤ちゃんや子供の急変に相談に応じてくれる「#8000」に電話して話を聞きましょう。

 

小児科医や看護師が、適切な対応や、近くの夜間救急を教えてくれたり、救急車を呼んだ方が良いのかなどのアドバイスを伝えてくれます。

こちらの電話は0歳から6歳までが対象となります。
中には、熱痙攣を起こしてしまう赤ちゃんも居るでしょう。

 

育児書には、お膣得て様子を見るようにと書かれていますが、親としてはとても不安です。

相談する余裕もないと思うので、熱痙攣の場合は、救急車を呼んだ方が良いという医師や看護師の意見もあります。

 

その場合は、痙攣している時間や状態を観察し、記録しておく事を忘れないようにして下さい。

赤ちゃんがミルクを飲まない時の原因と対処法

赤ちゃんがミルクを飲まないと不安でどうしたらいいのか悩んでしまうものです。

まだ話すことのできない赤ちゃんは、泣くことや拒否することでしか、意思表示をできないので、お母さんがそれを汲み取ってあげることが必要です。

 

飲まない時には、哺乳瓶の乳首が合わない場合があります。

乳首にも様々な材質や形があるので、その赤ちゃんが飲みやすい形を試しながら見つけることでミルクを飲むようになります。また、ミルクの濃さにも影響します。

 

その濃淡で嫌がることもあります。もし、違う人が作る場合もいつもと同じ濃さにするようにします。メーカーによっても味が違うので、それを変えたことによって飲まなくなる場合もあります。

 

そして、赤ちゃんは温度にも敏感です。作ってから時間をおいて人肌程度に冷ましたものが最適ですが、それが熱すぎたりすると嫌がって飲まなくなります。

 

なるべくいつも同じ温度にしてから飲ませるようにします。このように、赤ちゃんは何かしらの原因があるから飲まないのです。

その原因を感じ取り、そこを改善することで飲むようになります。

 

ただ、こういった原因ではなく、病気が原因で飲まないこともあるので、いつもと違う様子や、便の調子などを、しっかりと観察しておかしい場合は受診するなどを判断することが大切です。

赤ちゃんの吐く症状、これっていつまで続くの?

赤ちゃんは、生まれてすぐは消化器や循環器が未熟なので、かなりよく吐く子が多いです。

ミルクや母乳と一緒に空気を大量に飲み込んでいるので、げっぷと一緒にドバっと飲んだものが出てしまうのですね。

少なくとも一日2,3回、ひどいと飲むたびに吐き戻しする子もいます。

 

寝ている時に吐いてしまうと、自分の吐いたものが詰まって窒息することもあるので、飲んだ後はげっぷをさせ、しばらく縦抱っこして飲んだものが下に落ちるのを待ってあげたほうがいいかもしれません。

それでもやっぱり吐いてしまう場合は、飲む量が多いのかもしれません。

 

赤ちゃんは満腹中枢が発達していないので、自分の限界を超えて飲んでしまうことも多々あります。

よく吐き戻す子は、少なめに与えておいて、足りなくて泣くようなら少し足す方法がいいかもしれませんね。

 

この吐き戻しがいつまで続くのかというと、3か月くらいになれば吐く回数はだいぶ減ってくるものです。

しかしこのころもまだ油断は禁物で、げっぷさせずに寝かせていると大量に吐いていたりします。

 

赤ちゃんが離乳食を始める5,6か月くらいになってくると、消化器も随分しっかりしてきていますし、お座りもできてくるので吐き戻しの症状はみられなくなるでしょう。

新生児の授乳間隔はどれくらいが適切?

産まれたばかりの赤ちゃんは、まだおっぱいを吸う力が強くないので
沢山おっぱいを飲むことができません。

 

産まれたばかりの新生児の時の授乳の間隔は、ばらつきがあるといってよいでしょう。

 

また、授乳する側のお母さんのおっぱいも、最初はなかなか上手く出てくれないことが
多いので、赤ちゃんに沢山おっぱいをお与えることが出来ないという理由もあるでしょう。

 

産まれたばかりの赤ちゃんには、お腹が空いたと泣いているようなら
おっぱいを吸わせてみることです。

赤ちゃんが泣くのは1時間後かもしれないし、3時間後かもしれません。

 

しかし、根気良く泣いたらおっぱいを吸わせることを繰り返しているうちに赤ちゃんも
リズムが出てきますので、一定の時間の間隔が開いてくるようになるでしょう。

 

また、お母さんの方も根気よく授乳していくうちに乳腺が刺激されておっぱいの量が
増えてくるので赤ちゃんも一度に沢山の量のおっぱいを飲むことができるようになるでしょう。

1か月検診を受けるころには、赤ちゃんの授乳のリズムも付いてくるのでほとんどの赤ちゃんがだいたい3時間程度で授乳するようになるようです。

 

産まれてすぐは、授乳の間隔が定まらずお母さんも大変ですが必ずリズムがついてきますので安心して大丈夫です。

赤ちゃんから目が離せない…気の休まらないお母さんへ

生まれたばかりの頃はじっと寝ていた赤ちゃんも4~5ヶ月頃には寝返りをし始め、ハイハイをし始めてと少しずつ動くようになってきます。

 

赤ちゃんは好奇心旺盛です。興味があるところに猪突猛進していきます。

そして何でも口に入れてしまいます。

 

お母さんは「危険な物を口に入れていないか」、「危ないことをしていないか」と赤ちゃんから目が離せなくなり気が休まらなくなってしまいますよね。

 

お母さんがハラハラしてしまうのは当たり前の感情です。

でも、そこまで神経質になりすぎてしまうとお母さんが持ちません。

 

床に電気のコードや荷物など物を置かない、段差を作らない、赤ちゃんがいる部屋はできるだけホコリやゴミが無いようにしておくなど環境を整えれば赤ちゃんを危険から守ることができます。

 

おもちゃは消毒しておくとなお安心です。

赤ちゃんは様々なものに興味をもち、触ったり口に入れることで確認します。

 

そうして日々刺激を受け成長していくのです。

自由に動ける環境を整えてれば後は穏やかな気持ちで赤ちゃんを見ていてあげてください。

穏やかな気持ちでいると余裕も出てきますし、日々の成長や変化に目を向けることができます。

 

育児をより楽しむことができますよ。

母乳が出ない時の原因と対策とは?

多くの女性は赤ちゃんを母乳で育てたいと考えているでしょう。

しかし、いくら赤ちゃんが乳首に吸いついても母乳がなかなか出ないことがあります。

 

体質的な問題で母乳が全く出ない女性もいますが、その確率は非常に低いです。

何らかの原因があり、母乳が出にくくなっていることがほとんどなのです。

 

つまり原因をしっかり見定めることにより、母乳が出るように対策できると考えてよいでしょう。

 

母乳が出にくくなる原因の1つに、乳管のつまりがあります。

老廃物や浮遊物がつまることによって、出にくくなってしまうのです。

 

そのような場合はマッサージをするのがオススメです。

手のひらを広げて乳房全体を下から覆うようにします。

乳腺を刺激しすぎないように気をつけながら優しく揉みあげてください。

 

乳房だけでなく、乳首をマッサージするのも効果的です。乳首の付け根である乳輪を軽くつまんで、開閉を数秒間隔で行ってください。

 

また乳房の体温の低下にも気をつけなればなりません。

乳房の体温が下がった状態では、母乳が出にくくなるのです。

 

その場合は暖かいタオルを当てるなどして温度を上げるように心がけましょう。時間がある場合は、ゆっくり入浴すると良いでしょう。

子育てが不安なお母さんへ私から出来るアドバイス

子育てに不安を感じている方もいるでしょう。

初めての子育ての場合には、どのように子供を育てていけばいいのか、不安になるのもわかります。

ですが、誰もが初めは未経験だということも忘れてはなりません。

 

自分だけ子育てに失敗して、トラブルにまきこまれたり、ちゃんとした大人に育てることができなかったらどうしようと、最初から不安に思わずに、自分が子供の頃、親にどのように育ててもらったかを思い出すことが大切です。

 

自分も子供の時期があったのだから、その視点から考え、また、親がどのように自分を育ててくれたかを思い出し、それを今の自分と照らし合わせてみるのもいいでしょう。

 

また、周囲にいる友人達も、結婚して子育てをしている方もいるでしょう。

その友人とよく話し合い、アドバイスをもらってみるのもいいでしょう。

実際に子育てをしている方からのアドバイスは貴重です。自分の子育てにも役立つことでしょう。

 

子育ては、大変かもしれません。自分では予測もできなかったことも起こるでしょう。

ですが、何事も経験を積むことで解決していくこともあります。あまり最初から気負いせず、また不安を感じるよりも楽しい生活を送れるように、家族と協力していくことが大切です。

育児の寝不足、この辛い時期ははいつまで続く?

夜泣きやグズり、急なトイレ等の育児の悩みは、どれも親の寝不足という結果に繋がります。

一般的に親の寝不足は、赤ちゃんが落ち着くまでと考えられていますから、長時間落ち着いて眠るようになるまでが、育児において我慢が必要な期間といえます。

 

勿論、赤ちゃんによって個人差はありますし、親離れが早い子は落ち着いて眠ってくれるので、あまり寝不足を感じたことがという人もいるでしょう。

早く落ち着いて欲しい、そう願うのは親の希望ですが、必ず応えてくれるとは限りませんから、親の側も育児疲れを溜めない防衛を行うことが大切です。

 

育児は基本的に、赤ちゃんのペースで行われるものの、一方的に振り回されるだけでは疲れ切ってしまいます。

生後4ヶ月も経てば、親が希望通りに生活のリズムを掴み始めるので、それまでは親の根気が必要です。

 

子供の為なら、目標があれば頑張れるのが親ですが、頑張り過ぎは育児を妨げる問題になるので、決して無理はしない方が良いでしょう。

家族の協力を得たり、時には育児を完全に任せてプライベートの時間を作る等、息抜きをして次の育児に備える、活力作りを行うことも必要です。

 

赤ちゃんが生まれてからの約100日間は、夜泣きやグズりのオンパレードなので、根負けしないように上手くやり過ごすことがポイントです。

育児に疲れ出産を後悔しているお母さんへのアドバイス

待ちに待った赤ちゃんを出産して、喜びでいっぱいのはずなのに
毎日の終わりのない育児で疲れはててしまっているお母さんもいるでしょう。

 

こんなことなら、赤ちゃんなんて産まなければよかったと後悔の気持ちも
よぎるかもしれません。

 

そんな悩みを一人で抱え込まないでください。

お母さんだって、人間なのです、弱音を吐いてもいいのです。

 

出産は、人生の中でも大きな仕事です。心も体もとても疲れてしまっているのです。

 

そんな疲れが取れないうちに、毎日の赤ちゃんのお世話が始まるのですから
疲れ果ててしまっても当然なのです。

 

泣き止まない赤ちゃんを前にして、どうしてよういのか途方にくれることもあるでしょう。

誰かに助けを求めたくなることもあるのではないでしょうか。

 

そんな素直な気持ちを身近な人にすべてさらけ出してしまいましょう。

そんな気持ちになることは、母親として失格だなどと考えなくても良いのです。

 

旦那様でも良いですし、実母でも良いでしょう。

理解してくれないかもしれませんが、気持ちを吐き出す事で楽になることもあるのです。

 

今は、育児に疲れ後悔の気持ちがよぎっているかもしれませんが出産することは
とても素晴らしいことです。

 

将来、産んで良かったと思える日が必ず来ますので今のつらい気持ちを乗り越えましょう。