30代になったら持ちたいおすすめのゴールドカードはこちら!

JR東日本が発行している、ViewSuicaカードというクレジットカードがあります。このクレジットカードの特徴は、Suica定期券にもなることです。Suica定期券を兼ねて利用している場合、カード内にSuicaとして利用できる分をチャージすることが可能で、もしSuicaの利用時に残高不足になった時にはオートチャージが働きます。このオートチャージ分は自動的にクレジットカードの利用分として請求される仕組みです。このようなユニークな特徴があるので、普段からSuica定期券を利用している人がクレジットカードを持ちたい場合、このカード1枚で足りることになるので、大変便利なカードだと言えます。年会費が1年に477円掛かってしまいますが、毎月の利用明細書を郵送で送られてくるものではなく、ネット上で確認するタイプのWEB明細書にすることで、年間600円に相当するポイントが還元されます。この為、年会費は気にしなくてもいいと言えそうです。そろそろ普通のクレジットカードを卒業してゴールドカードを持ちたいと思った場合、まずおすすめできるのが、MUFGカードゴールドです。このカードは立派なゴールドカードですが、年会費が初年度は無料で、2年目からも1905円しか掛かりません。一般的なゴールドカードでは1万円程度の年会費が掛かることが多い中、この年会費でゴールドカードを持つことができます。その代わりに、MUFGカードゴールドは限度額が最高でも200万円になっています。これはゴールドカードの中では低い金額で、一般のクレジットカードとそれほど変わりません。その為、高い限度額を期待してゴールドカードを申込み場合にはおすすめできませんが、ゴールドカードの特典である、国際空港のラウンジが利用できるのはもちろん、海外旅行の際の保険額も一般的なゴールドカード並になっています。ゴールドカードとしては物足りないかも知れませんが、普通のクレジットカードからゴールドカードに切換えたいと思っている人は、まずこのMUFGカードゴールドを検討してみてはどうでしょうか。 私が使っているのは、株式会社ジャックスが発行するREX CARDです。REX CARDの最大のメリットは、ポイント還元率が1.5%と他のカードに比べて高いことです。入会した当初は、ポイント還元率が1.75%とさらに高かったのですが、昨年の12月に改定されました。それでも、ポイント還元率が1.5%は魅力的なので、現在も愛用しています。 またREX CARDは、利用しなければ年会費2500円(税抜)がかかりますが、年間50万円利用すれば年会費はかからないので、REX CARDに利用を集約していれば、年会費がかかることはないと思います。また、家族カードも同様の基準で、親カードに年会費がかかる場合は年会費400円(税抜)がかかりますが、年会費がかからない場合は無料になるのも嬉しいところです。 さらにREX CARDは、ポイントをJデポという請求額から直接値引きできる特典に交換できます。結局はこれが一番合理的で、毎年数万円程度、値引きしてもらっています。このようにトータルで考えると、良く出来たクレジットカードだと思います。